生活・犯罪

あおり運転の対策とは!? ドライバーとして絶対にすべきこと

ドライバーであるのなら、あおり運転の対策を心得ておくべきでしょう。

そこで、この記事では、私がオススメするあおり運転の対策について、紹介をしていきます。

たぬたぬ
たぬたぬ
どのようなことをすれば、あおり運転の対策につながるのでしょうか。

運転に集中する

運転中は絶対に集中力を保つ!」と、肝に銘じるようにしてください。

運転中は、1秒の気の緩みが、事故につながりかねません。

ましてや、気が緩んでいるときに、あおり運転に遭ってしまったら、事故になる恐れが高まるでしょう。

免許を取得してすぐの頃は、かなり集中をして運転してましたよね。

その頃の集中力を思い出すことが大切だと言えるでしょう。

また、体調などが悪くて「集中できない」と思ったら、必ず運転はしないようにしてください。

他車を挑発するような行為をしない

運転中は、予期せぬことが起こるものです。

例えば、「他車が割り込んできてイライラした」という経験を持っている人は、多いのではないでしょうか。

しかし、ここで他車を挑発するような行為をしては、絶対にいけません。

あなたが挑発した車の運転手が未熟な性格である場合、嫌がらせ(あおり運転)をしてくる可能性は大いにありますよ。

例えば、他車に割り込まれたとしても、集中力を切らさずに、平常心を保って運転を続けることが大切なのです。

「あおり運転に遭ったとき」を想定し、「どうすべきか」を考える

自分が気をつけていても、あおり運転に遭うことはあります。

従って、「あおり運転に遭ったとき」を想定し、「どうすべきか」を考えておくことが大切になります。

「後ろから車幅を詰められている状態が続いたら、道を譲って危険を回避する」といった具合にですね。

「後ろから車幅を詰められる」「前から不要な急ブレーキをかけられる」など、あおり運転にも様々なパターンがあります。

必ず、様々なパターンのあおり運転を想定して、パターンごとに「どうすべきか」を考えるようにしてください。

ドライブレコーダーを設置する

あおり運転に遭って、事故になってしまったとしましょう。

この場合、ドライブレコーダーの映像があれば、「あおり運転に遭った」という証拠として活用することができます。

そのため、車には必ずドライブレコーダーを設置してください。

「前後を映せるドライブレコーダー」を設置するようにしてくださいね。

また、「録音機能があるドライブレコーダー」を選ぶことも大切です。

嫌がらせのように、クラクションを鳴らされることがあるかもしれません。

また、事故に遭った後に、罵声を浴びせられるかもしれません。

そのような証拠を残すためにも、「録音機能があるドライブレコーダー」を選ぶべきなのです。

車の後ろに、「ドラレコ搭載ステッカー」を貼る

「ドライブレコーダー録画中」といったようなステッカーが売られています。

このようなステッカーを、車の後ろに貼るようにしてください。

子どもの頃に、「ドラレコ搭載ステッカー」が貼られている車を見ると、監視されている気持ちになります。

そして、そんな気持ちが、「この車を煽るのは避けよう」と思わせることも多々あるのです。

「たかがステッカー」と思ってはいけません。

数百円で買えるステッカーですが、あおり運転対策には大いに役立つものですよ。

まとめ 煽り運転にあわないためには

①運転に集中すること

②他車を挑発しない

③「あおり運転に遭ったらどうすべきか」を考える

④ドライブレコーダーを設置する

たぬたぬ
たぬたぬ
あおり運転にあってしまったときは、状況に応じて対応しましょう!
あおり運転で生じる危険をわかりやすく紹介!【被害者】最近、巷を騒がしている『あおり運転』 私は約2年前に、あおり運転に遭ったことがあります。 そして、身を持って「あおり運転は危...

 

RELATED POST