スリ・窃盗

被害者急増中!『いらないものなんでも買います』悪質な押し買いの実内容

 

高価なものを手に入れる押し買い業者の交渉手口

①泣き落とし

『高価なものを査定しないと、僕くびになっちゃうんです。』

②キャンペーンを演出

『今だけ高価買取実施中で、査定だけでもお得です。』

③社会貢献を訴える

『発展途上国に寄付させてください。発展途上国の医療行為に必要なんです。』

④脅す

『みんな売ってるんだよ!』と威圧的な態度で脅しにかかる。


 

①~③の手口で引っかからない場合は、

押し買い業者は、④の脅すという強行手段をとってきます。

そして、最悪の場合、部屋中を物色しだします。

-想像してみてください-

自宅で、自分とやくざみたいな男と二人きりで、

帰ってくれと言っても全然帰ってくれない。
そして『金品だせよ、あるだろ!?』と何時間も威圧される。

恐怖でしかないですよ。

このように言われたら、金品やアクセサリーを出してしまう可能性は高いです。

法外な安い値段で買い取られる

高価なアクセサリーが『500円』
高価な腕時計が『1000円』

とにかくあり得ない安い金額で強引に買い取りしていきます。

リサイクルショップでは、査定後に売るか売らないかを売り手側が決断できますが、

押し買い業者は、そんな選択を売り手側に与えてはくれません。

金品を見せたら最後。

法外な金額で買い取られてしまいます。

押し買い業者の手口に気を付けましょう

押し買いの被害は、東日本大震災後に急激に増加しました。

被災者の人のために、不要なものを寄付しませんか?、という

善意の心を利用した悪質な犯罪です。

消費者庁は「不要品以外のものを売るよう要求されても、

応じないことが大切

困ったことがあれば消費者ホットラインに相談してほしい」と注意喚起を行なっています。

押し買いの手口を知り、ひっかからないようにしましょう。

 

 

1 2
RELATED POST